会長就任あいさつ
      
   
第55代会長  山田 広子
 (やまだ ひろこ)
              

 
「人にやさしく 環境にやさしく 笑顔で奉仕」
   
                      (2017,7~2018,6)   

 鳥取中央ライオンズクラブは、1963年4月21日にライオンズクラブ国際協会の認証を
受け今期で55周年という節目の年を迎えます。結成以来、地域に密着した数多くの奉仕活動
を行ってこられた会員の皆様には深く敬意を表するとともに、今日までの歴史の重みを感じず
にはいられません。
そんな中、この節目の年に会長という大役を務めさせて頂くことになり、責任の重さを痛感す
る日々を過ごしております。

 気がつけばわたしも在籍17年という年月だけが経過しており、今までこの中央ライオンズ
クラブで長く在籍できたのも、会員の皆様の温かい励ましのお蔭だと思っております。
会員数が減少傾向の中、会長を引き受けることで皆様に少しでも恩返しができればと、力不足
ではありますが、今は課せられた使命を最後までまっとうできるよう、頑張りたいと思ってお
ります。

今期のスローガンは「人にやさしく 環境にやさしく 笑顔で奉仕」とさせて頂きました。
現在会員数は少ないのですが、人数が少ないからこそ、それぞれに思いやりをもち、みんなで
力を合わせ、楽しくクラブ運営ができたらと思い、ありきたりな言葉ではありますが
「やさしさ」と「笑顔」という言葉をスローガンに入れさせていただきました。
わたし自身、仕事をする上で心がけていることでもあり、毎日を生きていく上で必要なことだ
と感じています。
楽しいことばかりではありませんが、笑うことで人を幸せにすることができ、そして自分にも
かえってくると信じています。

 
今期は、周年事業を成功におさめること、そして会員増強、例会・アクティビティの出席率
向上を目指し取り組んでいきたいと思います。

最後になりましたが、未熟な私です。皆様にご迷惑をおかけするのではないかと、不安は尽き
ませんが、会員皆様の力添えを賜りながらクラブ運営を行って行きたいと思いますので、何卒
ご指導ご尽力賜りますようお願い申し上げ就任のあいさつとさせて頂きます。